特許の維持費ってどれくらい?

特許にかかる費用は大きいです。維持費は一体どれくらいかかるの? - 特許には維持費が掛かる

更新情報

http://www.yoshihara-pat.com/p-charge.html

アーカイブ

特許には維持費が掛かる

特許を取得した場合の費用として、存続期間中は維持費がかかります。
存続期間中は取得した特許を独占する事が出来る他、それによって莫大な収入を得られる可能性もあるので、特許料は支払い続けなければならないのです。

維持費として特許料を支払わないで居た場合

特許を費用をかけて取得したのだから、維持費は支払わなくても良いだろうと思っていると大変な事になります。
特許料を支払わなかった場合には、折角費用をかけて取得した特許権が消滅してしまうからです。
特に特許を取得してから最初の3年間は注意が必要になります。
4年目以降からは、特許料に関しては、納付期間を過ぎても6か月以内であれば、特許料を倍額支払う事で、特許権の消滅を防ぐ事が出来ます。

特許の維持費として支払う金額とは

別名を特許維持年金と言います。
この特許維持年金は、一般的には3年間は同じ金額なのですが、4年目以降からは金額が変動する事になっています。
毎年納付しなければならないもので、納付を怠った時には前述したように特許権が消滅してしまう事もあるので、注意が必要です。
ghyts
基本的には年々特許維持年金の金額は3年ごとにアップして行く傾向にあります。
また、10年を超えると一定額となり、その金額はそう安く無い事から、途中で特許権を売る方も居るそうです。
このように特許には取得したからそれで終わりでは無く、維持費と言う物が掛かります。
この維持費を毎年支払うのも特許取得者の義務ですので、怠らないよう注意が必要になります。
特許を費用をかけて取得した際に、どのような活用方法があるのでしょうか。
ライセンスを行う以外に特許権を活用する方法とはどのような物があるのでしょうか。

直接的な利益にする

直接的な利益として、特許をライセンスしたり他に譲渡したりする方法があります。
その発明を独占的に自社や個人で利用する事も可能で、その市場の事実上の独占をはかる事も出来ると言われています。
主に直接的な利益にするという事の為に、有効活用する、と言う考え方です。

社会還元と言う方法もある

特許を取得すると言う事はある程度の費用をかけて、世の中や特定の市場を独占するイメージばかりが先行しているように思えますが、そればかりではありません。

収益を上げる事以外にも、特許の有効な活用がされているのです。
例えば、大学等で研究成果が発明として認められた場合はそれを有効活用して行き、社会に還元する事があります。
その発明により収益があった場合には、その収益を更なる研究や発明に生かして、産業の発展等に貢献している事があります。
これは特許の本来の目的とも言える状態だと思います。
このように特許は様々な利用方法があります。
一般的には収益や利益を上げるために利用される事が多いと思われがちで、事実上そうした利用方法の方が多いと思いますが、その他の利用方法にも注目をして行きたい物です。
様々な研究や開発、発明からの特許を基に、更なる新しい研究や開発、発明が生まれる事にも貢献する事が出来る点は忘れてはならない部分だと思います。

Copyright(C)2015特許の維持費ってどれくらい?All Rights Reserved.